2時間の外出でも配給制の「通行証」 封鎖2カ月の上海、遠い正常化

有料会員記事新型コロナウイルス

上海=井上亮
[PR]

 28日で都市封鎖ロックダウン)から2カ月を迎える中国・上海市で、当局が市民生活の「回復ぶり」を盛んに宣伝している。ピーク時に2万7千人だった1日あたりの新型コロナウイルスの新規感染者は200人台まで減っており、市は人口の8割超が外出可能とする。ただ、事実上の外出制限は今も続いている。

 市内では22日、ほぼ全線で3月末から運休していた地下鉄4路線や路線バス273路線が再開した。地元テレビ局などが大々的に報じたが、利用者はごくわずかとみられる。大多数が依然、在宅勤務を求められ、高校や大学もリモート授業が続いているためだ。そうした中での再開に市民からは「正常化したと見せかけようとしているだけ」との声があがる。

 市は、感染者が一定期間出て…

この記事は有料会員記事です。残り778文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]