原子炉台座が損傷、鉄筋むき出し 耐震性に懸念の声も 福島第一原発

有料会員記事核といのちを考える

福地慶太郎 山野拓郎
[PR]

 東京電力福島第一原発廃炉作業で、新たな懸念が浮上した。炉心溶融メルトダウン)した1号機で、原子炉圧力容器を支えるコンクリート製の台座が損傷し、一部で鉄筋がむき出しになっていることが判明。福島県沖を震源とする地震が相次ぐなか、政府や専門家からは耐震性を危ぶむ声が出始めている。

 「相当広い範囲で鉄筋だけになっている。耐震評価をやり直す必要があり、現段階では『安全』とは言えない」。廃炉作業を担う経済産業省資源エネルギー庁の担当者は26日、記者会見で危機感をあらわにした。更田豊志・原子力規制委員長も、前日の会見で「大きな地震に襲われたときに、もってくれるのかは懸念事項としてある」と述べた。

燃料デブリでコンクリート溶けたか

 発端は、東電が23日に公表した調査結果だ。1号機の原子炉格納容器内に遠隔操作ロボットを投入し、撮影したところ、原子炉圧力容器を支える台座の鉄筋がむきだしになり、鉄筋の上には溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の可能性がある堆積(たいせき)物が残っている様子が確認された。

 メルトダウンした1~3号機…

この記事は有料会員記事です。残り892文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]