里見香奈女流四冠、女性初のタイトル戦本戦へ 棋士編入試験は保留

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の女流棋士里見香奈女流四冠(30)=女流王座・女流王位女流王将倉敷藤花(とうか)=が27日、大阪市福島区関西将棋会館での第48期棋王戦(共同通信社主催)の予選・決勝で古森(こもり)悠太五段(26)に99手で勝利し、挑戦者決定トーナメント(本戦)入りを決めた。八つある将棋のタイトル戦で女性の本戦入りは初めて。今期棋王戦で男性の棋士に5連勝し、一般公式戦での直近の成績は10勝4敗となり、棋士編入試験の受験資格も女性で初めて満たした。

 終局後、里見女流四冠は女性初の本戦入りについては「ここまで勝てるとは思っていなかった。実力以上のものが出せたかなと思う。また(本戦で)もう一局多く指せる。それが、すごく、うれしい」と話した。棋士編入試験を受けるかどうかについては「あまり考えてなかったので……。今日も勝てるとは思ってなかったので。また(受験するかどうかは)考えたいなと思います」と答え、即答は避けた。感想戦を終えた後、記者会見の席上で里見女流四冠は「(受験するかどうかは)自分の気持ちですね。自分の中で編入試験を受けたいという気持ちが強く出てきたら、という思いです。周りの方々にはすごく応援していただいていて、声は届いているんですけれども、自分の中で強い気持ちが出てきたら、ということだと思います」と話した。

 「棋士」と「女流棋士」は異…

この記事は有料会員記事です。残り678文字有料会員になると続きをお読みいただけます。