日銀資産、過去最高736兆円 緩和出口でリスク膨らむ

有料会員記事

徳島慎也
[PR]

 日本銀行が27日に公表した2021年度決算で、資産の総額が前年度比3・0%増の736兆2535億円と過去最高になった。新型コロナ対策で貸出金が増えたことが影響した。資産は、黒田東彦総裁のもとで大規模緩和を始める前の4倍超にのぼっていて、緩和を手じまいする「出口」の際、多額の損失が出るリスクも膨らんでいる。

 資産が増えた最大の要因は、貸出金が20・4%増の151兆5328億円となったことだ。コロナ禍で打撃を受けた企業への融資を促すため、日銀から金融機関への貸し出しが増えた。株式市場にお金を流すために日銀が買い入れる上場投資信託(ETF)は、1・9%増の36兆5657億円となった。時価では約51兆円と、旧東証1部の株価の時価総額の約7%にあたる。

 一方、国債は1・1%減の526兆1736億円だった。日銀は20年度、政府がコロナ対策の予算をまかなうために発行した多額の短期国債を市場から買い入れた。その国債が21年度、満期となり償還を迎えたため、残高の総額は13年ぶりに減った。ただ、規模は依然として大規模緩和前の12年度末の4倍以上と大きい。

 日銀は民間銀行などから国債…

この記事は有料会員記事です。残り229文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら