知事選あす投開票 無党派層に狙い、知名度アップ…戦略にカラー

有料記事

長橋亮文 宮坂知樹 茂木克信
[PR]

 新潟県知事選は28日、17日間にわたる選挙戦の最終日を迎える。選挙戦を通じ、現職の花角英世氏(64)が狙ったのは無党派層への浸透。新顔の住宅メーカー役員、片桐奈保美氏(72)は原発反対を訴え知名度アップを目指した。27日も両氏は支持拡大を図って各地を転戦。投票日は29日で、即日開票される。

■花角陣営 女性・若手前面に…

この記事は有料記事です。残り1371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!