政治と権力を追い求めた生涯 JR東海名誉会長・葛西敬之氏死去

有料会員記事

奈良部健

 東京・品川にあるJR東海の名誉会長室で、私は葛西敬之さんと一対一で向き合っていた。「肺の奇病におかされている。コロナにかかったら一発ですよ」。昨年8月。鼻には呼吸補助器の管をつけ、肩で息をするときもあった。

 対面で話を聞いたのは、この時が最後となった。「やり残したことはたくさんある。でも、もう私の時代ではない。年齢には勝てないね」と語っていた。

 それまで食事を共にすることが何度かあった。食べるのはステーキ丼やハンバーガー。80歳近くになっても、肉と決まっていた。食す量も多かった。しかし、この時は以前よりほおがへこみ、やせていた。

「渡り鳥のように…」厳しく批判したのは

 そんな体調でも、「ウォーム…

この記事は有料会員記事です。残り2581文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら