第4回いまの環境がすべてではない 働き方支援に関わる中山理香さん

有料会員記事

聞き手・杉山あかり
[PR]

 将来への「モヤモヤ」を抱える20代にとって、周りや上の世代にロールモデルがいないのが悩みの一つだ。中山理香さん(51)はシングルマザーを経て、キャリアを積み上げ、いまは東京都内のベンチャー企業で執行役員を務める。「モデルは探さず、自分のオリジナルのキャリアをつくっていくつもりだった」と振り返る。一体どうやって――?

 ――仕事と家庭の両立、働く環境など、今の20代は悩みだらけです

 キャリアの悩みが増えているのは、選択肢があるということで、ポジティブなことだと思います。昔は、女性は結婚して家庭に入り子供を産む、男性は働く、という一択でした。

 選びたい人生を選んで後悔しないようにいくと、セットで悩みもついてきますが、昔より生きやすいと思います。

 なかやま・りか 1970年生まれ。青森県出身。サイバーエージェントや楽天などで新規事業立ち上げや、デジタルマーケティング、人事にかかわってきた。現在は、リモートワークなど柔軟な働き方の制度がある会社とマッチングさせる転職サービスを提供する「LiB」の執行役員。

苦しんだ「良心のとがめ」

 ――中山さんはどうでしたか

 私が子育てと仕事を両立させるうえで苦しんだのは、自分の良心のとがめです。

 大学卒業後、社員10人くらいの広告系ベンチャー企業で働き、結婚して出産しました。産休から1年で復帰しようと考えていましたが、子供がかわいくて、子育ても楽しかったので、3歳になるまでは専業主婦をしました。

 その後、離婚を考え始め、再…

この記事は有料会員記事です。残り2388文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載働く20代のモヤモヤ WLBと言われても(全16回)

この連載の一覧を見る