出所した重信房子・元最高幹部が謝罪 支援者や街宣車集まり一時騒然

有料会員記事

鶴信吾、編集委員・吉田伸八
[PR]

 1970年代を中心に世界中でさまざまなテロ事件を起こした過激派グループ「日本赤軍」の重信房子・元最高幹部(76)が28日、懲役20年の刑を終えて出所した。収容されていた施設の近くの公園で報道陣の取材に応じ、「多くの人たちにご迷惑をおかけしたことをおわびします」と謝罪の言葉を述べた。

 重信元幹部は日本赤軍の解散を宣言しているが、現在もメンバー7人が国際指名手配されており、警察当局が今後の動向を注視している。

 重信元幹部はこの日午前8時前、弁護士らに付き添われ、東日本成人矯正医療センター(東京都昭島市)の正門から車の後部座席に乗って出所。黒の帽子を深くかぶったマスク姿で車から降りると、多くの支援者や報道陣に取り囲まれ、近くでは街宣車が抗議活動するなど一時騒然となった。

 その後、公園に場所を移して取材に応じ、「50年前の戦いで、人質をとるなど、見ず知らずの無辜(むこ)の人たちに被害を与えたことがあった。おわびします。今後は病気の治療に専念します」などと話した。

「21年以上の獄中生活も、振り返ると、とても短かったようにすら感じられます」。記事の後半では、記者宛ての年賀状につづった元最高幹部の胸中を掲載しています。

 日本赤軍は、60年代の学生…

この記事は有料会員記事です。残り1224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら