人骨?新たに一つ見つかる 捜索続く山梨・道志村 DNA型鑑定へ

米沢信義
[PR]

 山梨県警は28日、捜索を続けている山梨県道志村の山中で新たに人骨のようなものが一つ見つかったと発表した。長さや形状については明らかにしていない。今月26日にも人骨のようなものが二つ発見されており、県警は司法解剖で人骨と確認された場合はDNA型鑑定で個人の特定を進める方針。捜索は29日も続けるという。

 人骨のようなものが見つかった沢沿いでは、人の頭の骨、右の肩甲骨、子ども用の運動靴なども発見されている。このうち肩甲骨と左すね、右前腕部の骨の一部については、県警がDNA型鑑定の結果、2019年9月に沢の近くのキャンプ場で行方不明になった小倉美咲さん(不明当時7)=千葉県成田市=の骨と特定。「美咲さんは亡くなっていると判断した」とし、死亡の経緯などを慎重に調べている。(米沢信義)