カムチャツカ半島の火山で大規模噴火 日本には津波の影響なし

吉沢英将
[PR]

 日本時間28日午後5時10分ごろ、ロシア・カムチャツカ半島の「ベズィミアニィ火山」で、噴煙の高さが約1万5千メートルの大規模な噴火が発生した。気象庁は噴火に伴う津波が日本へ到達した場合、到達予想時刻は北海道の太平洋沿岸で午後6時半ごろとしたが、国内外の検潮所で目立った潮位の上昇は観測されず、午後11時半、日本への津波の影響はないと発表した。

 北海道庁危機対策課によると、28日午後8時現在、津波などによる被害の情報は確認されていない。

 トンガ諸島の海底火山で1月にあった噴火で空振(気圧の波)による潮位の上昇が国内でも観測されたことを受け、気象庁では海外で大規模な噴火が発生した場合、空振による津波の日本への到達予想時刻を示すなど、注意を呼びかける対応を始めた。

 今回は、この運用になって津波の到達予想時刻を発表した初めてのケースとなった。(吉沢英将)