くす玉や放流で祝う 八ツ場ダム、2年遅れの完成イベント

前田基行
[PR]

 八ツ場ダム群馬県長野原町)の完成を祝うイベントが28日、コロナ禍のため2年遅れで現地で開かれた。

 国の式典「感謝のつどい」には、国土交通省斉藤鉄夫大臣や山本一太知事、県選出の国会議員、下流都県の関係者、水没地区の住民代表者ら約300人が出席し、くす玉を割って完成を祝った。

 斉藤大臣は地元関係者らに「苦渋の決断によって貴重な土地を提供して頂いたた」と感謝を述べ、山本知事は「八ツ場ダムは地域住民の苦悩と葛藤の歴史だった。引き続き生活再建に取り組みたい」と話した。

 続いて長野原町の「八ツ場ダムフェスタ」が開かれ、和太鼓やダンスなどが披露された。新型コロナ感染対策のため町民限定で行われた。

 この日は、ダム最上部にある非常用の「クレストゲート」からの放流も2度行われ、流れ落ちる水の迫力に歓声が上がった。(前田基行)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント