放浪カピバラ、愛称「カッピー」が正式な名前に 平塚の動物園

足立朋子
[PR]

 【神奈川】3年前に民家から逃げ出して湘南地域を転々とし、4月から平塚市の動物園で公開が始まったカピバラの名前が決まった。3千通近い応募があり、放浪時代の愛称「カッピー」が最多得票を獲得し、正式な名前となった。

 名前募集に対し、5月8日までに市総合公園内にある動物園のポストへの投函(とうかん)やメールなどで2936通の応募があった。平塚にちなんだ「ヒラピー」や「湘平くん」もあったが、カッピーが163通で断トツの1位。2位も平仮名のかっぴーだった。26日にフェンスに名前が掲示された。

 保護された当初は人におびえて、公開できるまで2年以上かかると心配されていたが、来園客の静かな見守りもあり、今は落ち着いた様子。専用の浴槽がお気に入りで、ぬるめのお湯に気持ちよさそうにつかる姿が人気を集め、関係者は胸をなで下ろしている。

 市によると、入場無料のため、数は把握していないが、園はカピバラ効果で入園者が増えているのは確かという。(足立朋子)