ロシア国民よ「別の情報源を」「戦争は悪」 国営TV元記者は訴えた

有料会員記事ウクライナ情勢

[PR]

 英BBCは27日、ロシアのウクライナ侵攻に抗議し、ロシア国営テレビ「第1チャンネル」の記者を辞職したジャンナ・アガラコワさんのインタビューを報じた。国営テレビで侵攻を正当化する主張が繰り返されるなか、ロシア国民に向けて「別の情報源を見つけて」「戦争は悪であり、死にほかならない」などと訴えた。

 第1チャンネルでニュース番組の司会者も務めたことがあるアガラコワさんは、パリ特派員だった3月3日に辞職願を提出した。ウクライナ侵攻の開始から1週間後だった。

 アガラコワさんはインタビュ…

この記事は有料会員記事です。残り395文字有料会員になると続きをお読みいただけます。