欧州CL決勝、世界に示した「ロシアが受け取るべきメッセージ」

有料記事

サンドニ=遠田寛生
[PR]

 真剣勝負の横で、世界最大級のスポーツイベントでは「平和」が強調された。

 28日にフランスのパリ郊外サンドニであったサッカーの欧州チャンピオンズリーグ決勝だ。

 試合はレアル・マドリードスペイン)が1―0でリバプールイングランド)を下し、大会最多14度目の優勝を飾った。

 この試合は当初、ロシアのサンクトペテルブルクで開催する予定だった。

 ところが、2月24日のロシア軍のウクライナ侵攻開始を受け、翌25日に欧州サッカー連盟(UEFA)が緊急理事会を開き、「没収」していた。

 侵攻から3カ月以上が経った。だが、戦争は今も起きている。

 決勝で使われたボールには工夫が施されていた。

 英語と、ロシア語などで使わ…

この記事は有料記事です。残り680文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!