日本が輸出規制→韓国は多角化 経済制裁には副作用も、成功のカギは

有料会員記事ウクライナ情勢

佐藤武嗣、若井琢水 ソウル=神谷毅 相原亮
[PR]

 日本は対ロ制裁で米欧と足並みをそろえるが、その「代償」にも身構える。過去の事例でも、経済制裁や輸出規制で、常に期待した結果が得られるとは限らない。一時の敵対心にかられた制裁は逆効果すら招く。供給網の安定確保など、政府が「守り」と位置づける経済安全保障推進法も今月成立したが、これも目的を見失えば、効果は望めない。

進みかねない「ドル離れ」 米国のジレンマ

 「大変厳しい決断だが、G7(主要7カ国)の結束が何よりも重要な時だ。ロシア産石油の原則禁輸という措置をとることにした」

 岸田文雄首相は9日、G7首脳が石油の禁輸を含めたエネルギーのロシア依存脱却を表明したことを受け、記者団にこう語った。

 政府は首相の指示を受け、3…

この記事は有料会員記事です。残り2451文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら