韓国調査船が竹島北方EEZ内で海洋調査 外務省が抗議

[PR]

 外務省は29日、韓国国立海洋調査院の調査船が島根県竹島(韓国名・独島)北方の日本の排他的経済水域(EEZ)内で事前申請をせずに海洋調査をしたとして、韓国側に抗議した。同省によると、同様の抗議をするのは2017年5月以来。

 同省によると、海上保安庁巡視船が29日、韓国の調査船がワイヤや、観測機器のようなものを海中に投入していることを確認したという。

 同省の船越健裕アジア大洋州局長が、在日韓国大使館の金容吉(キムヨンギル)次席公使に対し、「日本のEEZで、我が国の事前の同意なく海洋の科学的調査を実施しているのであれば受け入れられない。即時中止すべきだ」と抗議。韓国側は「事実関係を確認する」と回答したという。