訓練中に雪の塊、自衛官2人負傷 下山できず救助 山形・飯豊連峰

武井風花
[PR]

 山形県小国町の飯豊連峰の石転び沢付近で29日午後0時15分ごろ、山地移動訓練などで同県を訪れていた陸上自衛隊真駒内駐屯地札幌市)所属の男性自衛官7人の一隊に、上部の雪渓から雪の塊などが落ち、3人にぶつかった。うち2人が負傷し、自力で下山できなくなったが、陸自神町駐屯地(同県東根市)の自衛隊ヘリコプターで救助された。

 山形県警小国署によると、訓練で飯豊連峰の北股岳に向かって登っていたところ、7人の左手の斜面から石や雪の塊などが落ちてきた。札幌市の35歳と46歳の自衛官2人が足や腰を打撲し、自力下山が難しくなった。同日午後0時半ごろ、他の隊員から119番通報があり、同県の防災ヘリが捜索したが、気流が悪く断念。自衛隊のヘリが出動し、同日午後6時ごろに2人を救助した。他の5人は自力で下山しているところだという。(武井風花)