ウクライナとロシアの子の絵画集め展覧会 「偏見や差別を越えて」

有料記事ウクライナ情勢

編集委員・氏岡真弓
[PR]

 焼けただれた街やおびえた人々の姿に「何もできない」と感じるより、子どもが日常を描いた絵を見て平和への願いを確かめ合いたい。そう考えた聖心女子大(東京都渋谷区)の2人の教授が、ウクライナとロシアの子どもが描いた絵画展を企画した。両国の絵を集めたのは「子どもの表現には国の隔たりがない」と伝えたかったからだ。

 お父さんやお母さんの顔、星空、サーカスのバレリーナ、雪の街、スケート……。聖心女子大4号館のエントランスにウクライナとロシアの子の絵18枚ずつが展示されている。七夕の短冊も用意され、平和への願いを書いて飾れる。

 企画したのは、同大グローバル共生研究所。担当したのは、現代教養学部教育学科の永田佳之教授(教育学)と水島尚喜教授(美術教育学)だ。

戦争の映像に「何もできない」「いたたまれない」

 2月、ロシアがウクライナに…

この記事は有料記事です。残り676文字有料会員になると続きをお読みいただけます。