男性用レースパンツ、完売続出 「ジェンダーレス」の波、下着にも

[PR]

 大手下着メーカーが男性用のレースのパンツを売り出し話題になっている。洋服や宝飾品などファッションの世界で進んできたジェンダーレスの流れが、下着にも波及しているようだ。

 ワコール京都市)が昨年12月に発売したのは、レースでできた男性用のボクサーパンツ。黒や赤、ベージュなど7色をそろえ、値段は3960円だ。

 ここ10年ほど、男性服にレースやスカートを取り入れたり、最近では宝飾ブランドが男性に向けて真珠のネックレスの着用を提案したり、性を問わない、または性差をあいまいにする「ジェンダーレス」がファッションのトレンドになっている。ワコールは女性用レース下着を数多くつくってきたが、「レースは誰が見ても美しく、通気性もよい。男性のボクサーパンツに使ってもいいのでは」と商品を企画したという。

 顧客の反応を見ようと、昨秋にクラウドファンディングサイトで先行発売したところ、目標金額の30万円に対し、約700人から320万円分の購入があった。その後、伊勢丹新宿店メンズ館など3店舗とオンラインショップで正式に売り出すと、完売が続出。3カ月の売り上げ目標を10日で達成した。今年4月に増産したが現在も欠品が続き、夏に数量限定で新色の発売、秋に再増産を予定している。主に30~40代の男性が購入しているという。公式オンラインストアの商品レビューには「デザインに一目ぼれして即購入した」「はいているだけで気持ちが明るくなる」といった感想が並ぶ。

記事の後半では、男性の下着や、ファッションとジェンダーレスの歴史について、服飾評論家らに聞きました。

 同社では2月に、パリ・コレ

この記事は有料記事です。残り1115文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    千正康裕
    (株式会社千正組代表・元厚労省官僚)
    2022年5月31日17時38分 投稿
    【視点】

    自分もターゲット層の40代男性であるが、確かに一度試してみたいと感じる。ユニセックスなデザインに興味があるというわけではないのだけど、心地よいものなら試してみたい。 そして、心地よいものが、これまで女性的とされていたデザインだったとし