「若者は未来志向を」「貸した恩は忘れろ」29年ぶり訪韓のムネオ節

有料記事

聞き手・鈴木拓也
[PR]

 韓国で尹錫悦(ユンソンニョル)政権が発足し、日韓関係の改善を掲げています。10日の就任演説では北朝鮮に「実質的な非核化」を求め、経済成長による格差問題の解決など前政権からの「変化」をアピールしました。

 韓国政治は変わるのか。超党派の日韓議員連盟の副会長として29年ぶりに訪韓し、就任式に出席した日本維新の会鈴木宗男参院議員に、現地での印象や韓国政治への自身の視点を聞きました。

検察出身の尹大統領の印象は…

 ――尹大統領の就任演説の印象は。

 こう思いましたね。戦後、日本に追いつけ追い越せでやってきた韓国は今、世界に大きな存在感を示している。この半世紀に成し遂げた発展に大きな自信を持ち、高揚感があるように思えます。日本と同じようにエネルギー資源のない国家ですが、半導体や家電、自動車をはじめ、韓国ブランドが世界で評価されています。

 尹大統領は検察官出身ですよ…

この記事は有料記事です。残り2824文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!