フェアな選挙とは 実際の市長選もとに絵本「どうぶつ村のせんきょ」

[PR]

 東京都西東京市民らが絵本「どうぶつ村のせんきょ」(あけび書房)を出版した。昨年2月の市長選で、相手候補をおとしめるような内容のビラがばらまかれたことに、憤りを感じた人たちがつくった。「フェアな選挙のあり方を考えてほしい」と言う。

 舞台は、ある森のどうぶつ村。たぬきとふくろうが争う村長選で、劣勢のたぬき陣営があるチラシをつくる。3年前のききんの時、ひとりで木の実を全部食べたものがいる。そいつは夜中にホーホーとなく――。

 多くの動物がふくろうの悪評を信じてしまい、たぬきが当選を果たす。そこに現れたのが、隣村のくま博士。うそを見抜き、動物たちを説き、選挙はやり直しに。互いに、正々堂々と戦うことを誓い合う。

■市長選で起きた「法定ビラ問…

この記事は有料会員記事です。残り571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]