中国軍機30機、台湾の防空識別圏に進入 アメリカとの接近を牽制か

有料会員記事

台北=石田耕一郎
[PR]

 台湾外交部(外務省)は30日、米連邦議会のタミー・ダックワース上院議員が同日に台湾を訪問したと発表した。同議員は昨年6月にも米軍機で訪台しており、31日に蔡英文(ツァイインウェン)総統と会談する。また、台湾国防部(国防省)は30日夜、中国軍機延べ30機が台湾西南域の防空識別圏(ADIZ)に進入したと明らかにした。

 国防部によると、進入機数は1月23日の延べ39機に次いで今年2番目の多さで、戦闘機「殲16」や情報収集機「運8」など計9機種に上る。今月に訪日したバイデン大統領が「台湾有事」への軍事的な関与を明言するなど、相次ぐ米国の台湾支持の動きに、中国が反発した可能性がある。

 一方、米台双方の発表による…

この記事は有料会員記事です。残り160文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら