犬猫へのマイクロチップ装着の義務化始まる 費用は数千~1万円

有料会員記事

太田匡彦
[PR]

 ペットとして販売される子犬や子猫などへのマイクロチップ装着の義務化が1日から始まった。改正動物愛護法が同日、施行された。遺棄の防止や、災害時などに飼い主を特定しやすくするなどの狙いがある。

 チップは直径約2ミリ、長さ約10ミリ。注射器に似た器具を使って、犬猫の首付近に埋め込むのが一般的。チップには15桁の番号が記録されており、専用機器で読み取って環境省のデータベースと照合すると所有者の情報などがわかる。装着は獣医師か愛玩動物看護師が担う。費用は数千~1万円。

 装着の義務が課されるのは、犬や猫を繁殖・販売する業者。装着の対象は販売用の子犬・子猫のほか、繁殖に使う成犬・成猫。繁殖用の犬猫に装着することで、繁殖業者の飼育環境改善につなげる狙いもある。違反した場合、業者は行政指導行政処分を受ける可能性がある。

 装着と同時に、環境省のデー…

この記事は有料会員記事です。残り334文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら