「アベノミクス批判するのか」安倍氏怒りの電話 許せなかった言葉

有料会員記事自民岸田政権

楢崎貴司、中田絢子
[PR]

 歴代最長を記録した安倍晋三政権の遺産にどう向き合うか。時代の要請ともいえる議論で、自民党内の路線対立が表面化した。経済政策アベノミクス」をめぐり大立ち回りを演じたのは、ほかならぬ安倍氏である。

 5月19日、自民の財政再建派を中心とする財政健全化推進本部の会合後、安倍氏(67)は、自らの派閥に属する越智隆雄・元内閣府副大臣(58)の電話を鳴らした。「君はアベノミクスを批判するのか?」。声は怒気をはらんでいた。

 推進本部で事務局長を務める越智氏は「批判はしていません」と理解を求めたが、安倍氏は「周りはアベノミクスの批判だと言っているぞ」と迫った。「僕はアベノミクス信奉者です。だって、(経済政策を担う)内閣府の副大臣を2回もやったじゃないですか」。越智氏がそう訴えると、安倍氏は「そうだな」と電話を切った。

 だが、話を終えても安倍氏は…

この記事は有料会員記事です。残り2936文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    プチ鹿島
    (時事芸人)
    2022年6月4日11時44分 投稿
    【視点】

    5月31日の大分合同新聞に面白い記事がありました。「安倍・菅・岸田、3人の総理を一言で表すと」。話していたのは後藤謙次氏(共同通信社・客員論説委員)。 それによると「反論する安倍さん、沈黙する菅さん、大きくうなずく岸田さん」だそうです

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年6月3日0時9分 投稿
    【視点】

    経済政策のベクトルをめぐる党内の路線対立が浮かび上がりました。岸田首相が掲げた「新しい資本主義」の内実は、アベノミクスの評価をめぐる妥協の産物だったことがよくわかります。 それにしても、「過去30年間のわが国の経済成長は主要先進国の中