まいごのサン、店の名に 知らない元の名前「33番」になる前のこと

有料記事

高井里佳子
[PR]

 京都市中心部の河原町通。路地を入ったところにある町家の軒先に、お座りをした小麦色の雑種犬の写真が飾られている。

 「サンの店 SAN Cafe」

 佐藤研二さん(70)が11年前、自宅の一角に開いた喫茶店だ。

 サンは開店の直前、ここへやってきて、店の人気者になった。

 正式な店名は別にあったのに、常連客たちはいつのまにか「サンの店」と呼ぶようになった。

 鴨川沿いや京都御苑を通り、サンと散歩するのが佐藤さんの日課だった。サンに愛想はないのに、なぜか人や犬が寄ってくる。マイペースな性格で、他の犬にほえられても動じない。

 「出会う前も、かわいがられていたんだろうな」と、佐藤さんは思う。

 サンがこの世を去ってから、まもなく3年。

 元の飼い主はだれだったのか。

 探し出して、伝えたい。「サ…

この記事は有料記事です。残り1546文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!