防犯カメラとらえた違反行為 セルフGSで携行缶給油→一瞬で火の手

有料会員記事

亀岡龍太
【動画】セルフ式ガソリンスタンドで客が容器に給油中に出火=三重県伊賀市消防本部提供
[PR]

 三重県伊賀市内のセルフ式ガソリンスタンド(GS)で今年4月、トラックの荷台が炎上する火災があった。客が自ら荷台の金属製の携行缶にガソリンを給油中に静電気が発生したのが原因と市消防本部はみている。GSでは従業員以外が容器に給油することは禁じられており、市消防本部は当時の映像を公開し、市内のGS全47店に改めて対策の徹底を求める。

 市消防本部によると、4月4日午後4時25分ごろ、「給油中に車から出火したが、消し止めた」とGSから連絡があった。軽トラックの荷台の一部が焼けたが、けが人はいなかった。

 店の監視カメラには、荷台の金属製携行缶に、客がガソリンを給油している途中、突然火の手が上がり、従業員が消火器を噴射する様子が映っていた。従業員は、客が携行缶に給油していることに気づかなかったという。京都アニメーションの放火事件(2019年)を受けた省令改正で、20年から義務づけられた本人確認や用途の確認もしていなかった。

 荷台に電流をさえぎるゴム製シートが敷かれていたことから、市消防本部は給油中にシート周辺で帯電して静電気が生じ、出火したとみている。

 消防法は、容器にガソリンを詰め替える場合は従業員が作業するよう義務づけている。客がその作業をしたことについて、市消防本部は、従業員が十分な監視をしておらず、消防法10条3項(危険物の取り扱い基準に従う義務)に違反すると判断。危険物取扱者への処分権限がある三重県に4月19日付で報告し、GSにも口頭で注意したとしている。

 消防庁によると、セルフ式を…

この記事は有料会員記事です。残り246文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら