6人組バンド「Penthouse」 ボーカル・浪岡が語る曲作り

有料会員記事

聞き手・小原智恵
[PR]

 昨年11月にメジャーデビューした6人組のバンド「Penthouse」。浪岡真太郎と大島真帆による男女ボーカルを軸に、ショパン国際ピアノコンクールの予選を突破したことでも知られるピアニスト角野隼斗/Cateen(かてぃん)も参加する。

 新曲「流星群」と「恋標」は配信限定でリリースされている。

 Penthouseは2019年6月から活動を開始し、初ライブは20年2月。作詞作曲も担当する浪岡によると、コロナ下で始動したということもあり、コミュニケーションツールのソフト「Slack」や共有フォルダーを使って曲作りを進め、リモートで活動する工夫ができているという。

 かてぃんと4月で仕事を辞めた浪岡以外の4人は別の仕事をしながら活動する。「バンドの活動も仕事と同じでプロジェクトを進めるような感じ。反応も速いですね」

 新曲の「流星群」は東海テレ…

この記事は有料会員記事です。残り340文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら