マスク氏、週40時間の出社求める 守らなければ「あなたは辞職」

有料会員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が従業員に対し、少なくとも週40時間はオフィスで働くよう求めたことが明らかになった。米メディアが報じた。マスク氏は従業員への要求が厳しい上司として知られ、リモートワークにも否定的な姿勢を示している。

 米ワシントン・ポスト紙が確認したテスラ従業員向けの5月31日付のメールで、マスク氏は週40時間の出社を求めたうえで、「もし姿を見せなければ、あなたが辞職したとみなす」と述べた。週40時間は、1日8時間勤務だと週5日出社することになる。同紙によると、マスク氏は宇宙ベンチャー「スペースX」の従業員にも同様のメールを送ったという。

 テスラ従業員向けのメールでは「あなたがより地位が高いほど、あなたの存在は可視化されるべきだ。だからこそ私もずっと工場に住んでいた」としたうえで、「そうしていなければ、テスラはずっと前に破綻(はたん)していた」と述べた。

 マスク氏は「こうした要求をしない企業もあるが、彼らが最後に偉大な新製品を出したのはいつか?」とも明記。

「電話をかけるだけでは…」

 「テスラは地球上で最も興奮…

この記事は有料会員記事です。残り483文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら