生物クラブだった雅子さま、カイコも素手で 愛子さまも受け継ぐ養蚕

有料記事

多田晃子

 皇后雅子さまが5月から、歴代皇后の伝統行事「養蚕」の作業を始めている。実は、生物好きの雅子さま。カイコも素手で触りながら、心を尽くして取り組んでいるという。その姿勢は、長女愛子さまにも受け継がれているようだ。お二人の詳しい様子を側近らが語った。

 皇居の森のほぼ中心に、古びた木造の建物がある。「紅葉山御養蚕所」。1914(大正3)年に建てられたこの養蚕所は今も現役だ。木々が生い茂る中にたたずむ姿は、当時にタイムスリップしたかのようだ。ここで、歴代の皇后による養蚕が約150年も続いてきた。繭から取れた生糸は、文化財の復元や国賓への贈り物などに使われている。

 上皇后美智子さまから引き継…

この記事は有料記事です。残り1041文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料