第13回ドラマ「30までにとうるさくて」主演俳優が語る 29歳のリアル

有料記事

杉山あかり
[PR]

 「29歳、人生設計ムズくない?」「30歳、どう生きれば幸せになるの?」――。「ABEMA」オリジナルドラマ「30までにとうるさくて」では、仕事や結婚、性や子育てをめぐる29歳が抱える心の叫びが描かれ、20代の男女の間で話題になりました。主役のキャリア女性を演じたさとうほなみさんは、「悩みや生き様をリアルに描いたドラマ」と振り返ります。自身は32歳。20代のころに「30歳」という数字を気にしたこともありましたが、悩める20代にエールを送ってくれました。

ドラマ「30までにとうるさくて」

インターネットテレビ「ABEMA」で今年1月から配信されているオリジナルドラマ(全8話)。それぞれ異なった感性や価値観を持つ、現代の東京を生きる29歳独身女性たち4人組の恋、キャリア、性、友情の物語。「30歳までに結婚しないと…って焦るけど、なんで?」「29歳、私たちこのままでいいのかな」など、“30歳”という節目の年齢を意識する女性ならきっと誰もが一度は感じたことがある悩みや焦り、怒りを抱えながらも、自分たちの意思で乗り越えていく姿を、ユーモラスかつ痛烈にオリジナルストーリーで描く。主演は、人気バンド「ゲスの極み乙女。」のドラマーとして活動しながら、女優としても活躍するさとうほなみさん。脚本は劇作家で劇団「贅沢(ぜいたく)貧乏」主宰の山田由梨さん。

「仕事しながらいつかは子供を」と29歳で考えるリアル

 ――さとうさんが演じた主役の遥はドラマの序盤、仕事で重要なプロジェクトを任され、5年付き合った恋人からプロポーズを受けます。人生は順調に見えるものの、セックスレスや、家庭とキャリアの両立に悩みます。初めて脚本を読んだとき、どう思いましたか。

 プロデューサーの藤野良太さんから、「30歳を前に悩む女性のリアルな話を作りたいんだよね」とお話があり、脚本を読ませていただきました。みんな考えるだろうなという悩みや生き様をリアルに描いていて、すごくおもしろいなと思いました。

 たとえば、子供をもつことに対して、遥は「うーん、いつかは」と考えているけど、今じゃない。今すぐに欲しいと計画されている方ももちろんいると思うけど、仕事をしながら「いつかは子供がほしいんだよね」と、みんな29歳くらいで考えているんじゃないかなというのが、一番リアルでした。

 ――さとうさんは悩みを抱えていますか。

 えっと、悩み? 冬用の布団…

この記事は有料記事です。残り1518文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載働く20代のモヤモヤ WLBと言われても(全16回)

この連載の一覧を見る