明智光秀そっくりさんは大学4年生 本人「目元が似ているのかな」

滝川直広
[PR]

 地元ゆかりの戦国武将明智光秀のそっくりさんを募集していた京都府福知山市は2日、同市の大学生、秋山蒼(そう)さん(22)を選び、福知山城でお披露目した。市のPRポスターに起用されている。

 秋山さんは静岡県出身で、福知山公立大4年生。静岡に住む母親と妹が応募し、応募者50人の中から選ばれた。市は、写真が光秀とされる肖像画に似ていることや「真面目で他人のために尽くす」などという妹の推薦文が光秀のイメージに合うとして選んだ。

 6月2日は、1582(天正10)年に光秀が織田信長を討った本能寺の変があった。甲冑(かっちゅう)姿で現れた秋山さんは「光秀には目元が似ているのかな。裏切り、逆臣のイメージがあったが、福知山へ来て、領民のためにがんばった良君という印象をもった」と話した。

 そっくりさん募集は、光秀の挑戦心をテーマにした市のプロジェクトの一環。福知山に変化をもたらそうと活動する「変化人(へんかびと)」を紹介する企画も始まり、大学卒業後に社会人となる秋山さんが「これから変化する人」として、企画のポスターに登場するなど「顔」を担っている。(滝川直広)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント