「ウイグル族にジェノサイド続けている」 米国務長官が中国を非難

有料会員記事

ワシントン=清宮涼
[PR]

 米国務省は2日、世界各国の信教の自由の現状をまとめた2021年の報告書を発表した。ブリンケン国務長官は報告書の発表に合わせた会見で、中国の新疆ウイグル自治区の状況について、「中国はイスラム教徒の多いウイグル族やその他の宗教的少数派に、ジェノサイド(集団殺害)や弾圧を続けている」と非難した。

 報告書は、中国での少数派への逮捕や拘束、拷問などに言及。ブリンケン氏は、「中国共産党の教義に沿わないとみなす宗教の信者に嫌がらせを続けている」と指摘。新疆ウイグル自治区では2017年4月以降、100万人以上のウイグル族や少数民族が収容所に拘束されていると述べた。会見に同席したフセイン担当大使は、AI(人工知能)や顔認証といった技術が監視に用いられていると説明した。

 新疆ウイグル自治区での人権…

この記事は有料会員記事です。残り246文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら