「助けて」が言えない電車の痴漢 6千件の報告からみえた路線の傾向

有料記事

遠藤美波、小川崇、江戸川夏樹
[PR]

 新学期が始まって間もない4月15日朝。埼玉県から東京都内に向かって走行中の満員電車の中だった。

 「痴漢です 助けてください」

 電車内で痴漢の被害にあっていた10代の少女はスマートフォンを手にとり、画面にそう表示させて周囲にかざした。

 近くの男性が反応したのを見て、さらに「やめてください」とスマホから音声を流した。すると別の男性も異変に気づき、少女の体を触っていた男に「何をやっているんだ」と声をかけた。

 男は少女や男性らと一緒に都内の駅で下車。少女の110番通報で駆けつけた警察官に引き渡された。

 警視庁によると、少女が使ったのは、警視庁のスマホ用防犯アプリ「デジポリス」(https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/kurashi/tokushu/furikome/digipolice.html別ウインドウで開きます)だ。痴漢にあったことを知らせる文字を表示させたり、音声を流したりすることができる。

 2016年の配信以降、今年3月末までに約47万件がダウンロードされており、積極的な活用を呼びかけている。警視庁は6月1日から、鉄道会社とともに「痴漢撲滅キャンペーン」を開始。デジポリスの利用促進を呼びかけている。

 警視庁がこうしたアプリの開発に乗り出した背景には、痴漢の被害は表面化しにくいという現状がある。

声を出せない…9割が泣き寝入りの実態

 痴漢にあっても、声を出せない、助けを呼べない、泣き寝入りする――。実際は、そんな被害者が少なくない。

 岡本まりやさん(18)も…

この記事は有料記事です。残り2132文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    島沢優子
    (ジャーナリスト・チームコンサルタント)
    2022年6月6日16時11分 投稿
    【提案】

    女性が対策を立てられるのはいいことだと思います。とはいえ、なぜ被害者側ばかりがこうやって様々対策を練らなくてはいけないのでしょうか。悪いのは、痴漢をする側なのに。 痴漢被害やデートDVの取材で、若い女性たちの話を直接聞いてきました。彼女や

  • commentatorHeader
    長野智子
    (キャスター・ジャーナリスト)
    2022年6月6日11時47分 投稿
    【視点】

    「痴漢防止バッジ」を使用した高校生の6割が効果があったということに驚いた。痴漢は混雑する身動きのとれない電車内で自分の欲求を満たすだけの卑劣で最低な行為だが、痴漢の加害者のなかには、「嫌だという人に痴漢はしない。手がぶつかったときに黙認され