梅雨に増える?「点検商法」に注意 うそ告げ契約、詐欺容疑で逮捕

有料会員記事

高嶋将之、山口啓太
[PR]

 必要のない自宅の改修工事を勧め、高齢者から代金をだまし取ったとして、警視庁は2日、建築会社「三共住建」(横浜市保土ケ谷区)の元社員、若林真容疑者(32)=横浜市南区南太田1丁目=ら男3人を詐欺と特定商取引法違反(不実の告知など)の疑いで逮捕したと発表した。若林容疑者は「今は何も話したくありません」と認否を留保しているという。

 同庁は、うその理由を告げて不要な工事を契約させる「点検商法」とみて捜査し、昨年9月以降、東京都大田区神奈川県の高齢者らへの詐欺容疑などで同社元社員ら計6人を逮捕していた。同社の口座には2020年3月~21年8月に約300件、計約2億5千万円の振り込みがあったといい、同庁は点検商法でだまし取った代金とみている。

 暴力団対策課によると、若林容疑者ら3人は三共住建の社員だった昨年6~7月、神奈川県内の80代と60代の男性宅を訪問し、床下や屋根裏を点検。「基礎がひび割れている」「板が湿気で黒ずんでいる」などとうその説明をして補修工事の契約を結び、工事代金として80代男性から1245万円を、60代男性から250万円をだまし取った疑いがある。いずれも不要な工事か、ずさんな仕上がりの工事だったという。

 同課は若林容疑者が中心的な役割を担っていたとみている。

「不要なリフォーム」相談、過去最多 在宅増が影響か

 「契約をせかされ、不要なリ…

この記事は有料会員記事です。残り598文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら