港区エレベーター事故から16年 なくならぬ戸開走行に遺族「焦り」

寺田実穂子
[PR]

 東京都港区の公共住宅でエレベーターの戸が開いたまま急上昇し、高校2年の市川大輔(ひろすけ)さん(当時16)が死亡した事故から、3日で16年を迎えた。事故があった建物内に設けられた献花室に市川さんのゆかりの人らが訪れ、花を手向けた。

 事故は、2006年6月3日午後7時20分ごろ起きた。大輔さんが12階でエレベーターを降りようとしたところ、戸が開いたままかごが上昇し、出入り口の上枠とかごの床の間に挟まれた。病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。かごを制止させるブレーキが十分に作動していなかった。

 こうした「戸開走行」を防ぐため、エレベーターのブレーキを二重にする対策が09年に義務づけられたが、それ以前の建物は対象外となり、事故はその後も起きている。国土交通省が今年5月に公表した報告書では、神戸市の病院で18年に、大阪府豊中市の病院で20年にそれぞれ戸開走行が起きていたことが新たにわかった。

 母の正子さん(70)は事故以来、再発防止のために活動を続けてきた。それでも事故が繰り返されていることについて、「息子の命をきちんといかせていないのではという焦りがあります」と取材に語った。「息子の命が無駄にならないようにと訴え続けて、息子と同じ16年という時間が経った。まだまだやるべきことを達成できていないという中で、歩き続けることが大事だとあらためて思っています」と話した。

 午後6時からは、遺族らで作る「赤とんぼの会」と港区の共催で集会が開かれ、ノンフィクション作家の柳田邦男さんが講演した。事故に向き合う社会の側として、「遺族の訴える声に耳を傾け、今後も亡くなる人が多く出るかもしれないと深い洞察をして物事を捉え、解決に取り組んでいくことが大切だ」と訴えた。(寺田実穂子)