第14回ドラマ「30までにとうるさくて」男性目線でも刺さる20代のリアル

有料会員記事

聞き手・寺島笑花
[PR]

 30代を前にした女性たちの悩みや葛藤を描いた「ABEMA」オリジナルドラマ「30までにとうるさくて」。主人公の彼氏役を演じた俳優の堀井新太さん(29)は、男性目線から見ても「リアルで、刺さる内容」だったと振り返ります。男女に関係なく20代後半が抱く迷いや焦りにどう向き合うべきか。いままさに29歳として葛藤する堀井さんに、ドラマにも触発された心の内や30代に向けた思いを聞きました。

ドラマ「30までにとうるさくて」

インターネットテレビ「ABEMA」で今年1月から配信されているオリジナルドラマ(全8話)。それぞれ異なった感性や価値観を持つ、現代の東京を生きる29歳独身女性たち4人組の恋、キャリア、性、友情の物語。「30歳までに結婚しないと…って焦るけど、なんで?」「29歳、私たちこのままでいいのかな」など、“30歳”という節目の年齢を意識する女性ならきっと誰もが一度は感じたことがある悩みや焦り、怒りを抱えながらも、自分たちの意思で乗り越えていく姿を、ユーモラスかつ痛烈にオリジナルストーリーで描く。主演は、人気バンド「ゲスの極み乙女。」のドラマーとして活動しながら、女優としても活躍するさとうほなみさん。脚本は劇作家で劇団「贅沢(ぜいたく)貧乏」主宰の山田由梨さん。

責任を感じるようになる年代が20代後半

 ――女性の生きづらさに焦点を当てたドラマで、共感する女性も多かったと思います。キャリアをとるか家庭をとるかという、主人公・遥の悩みに、男性として共感する部分はありましたか

 「僕も結婚や子育てをするとなったら、この仕事を続けていけるんだろうかとかやっぱり考えたりします。自分の場合は人気商売なので特殊ですが、『応援し続けてくれる人はいるのだろうか』とか思うときもあります。脚本を読んだとき、自分も30歳を迎えるに当たって、胸に突き刺さる内容だなと一番に思いました。

 この年代って、責任を感じる…

この記事は有料会員記事です。残り2010文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載働く20代のモヤモヤ WLBと言われても(全16回)

この連載の一覧を見る