ほぼワンオペの4人育児 夫から「一番うれしい言葉」を言われるまで

有料記事

若松真平
[PR]

 今から7年前、関東在住の30代主婦、さと・いもこさんは、ほぼワンオペで子ども4人を育てていた。

 上から小学1年、幼稚園の年少、3歳、新生児で、いずれも元気な男の子。

 常に誰かにつきっきりの生活で、どうやって過ごしていたかの記憶がほとんどない。

 昔の写真を見返すたびに「こんなに可愛かったのか。もっと抱きしめておけばよかった」と思う。

 寝顔を眺めながら、いとおしく思う暇もない日々だった。

 30代後半だった夫は、長時間のシフト勤務で、繁忙期は家にも帰ってこられなかった。

 彼の両親は共働きだったが、父親は育児も家事も何もしなかったそうだ。

 母親の苦労を知っていたからか、夫は自宅にいる時は洗濯を除いて、掃除や料理、おむつ替えをしていた。

 そんな夫から言われて「一番うれしかった言葉」がある。

 さとさんが体調を崩したと聞…

この記事は有料記事です。残り1181文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!