あのショックから30年、止まらぬ少子化「一つの施策で回復しない」

有料記事

久永隆一、石川友恵
[PR]

 2021年に生まれた日本人の子ども(出生数)は81万1604人で、過去最少となった。政府が少子化を課題として捉え始めたのは1990年。前年の合計特殊出生率が1・57となり、戦後最低だった66年の「ひのえうま」の1・58を下回ったからだ。「1・57ショック」と騒がれた。

 その後、少子化対策の計画もつくり取り組むが、30年以上が経つ今も歯止めがかからない。

 内閣府の国際調査(21年発…

この記事は有料記事です。残り985文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!