防衛力強化「5年以内」と明記 政府が修正案、自民党内の要求に配慮

有料会員記事

松山尚幹、白見はる菜
[PR]

 政府は3日の自民党会合で、「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」の修正案を示した。防衛力の抜本的な強化について、原案では記していなかった期限を「5年以内」と盛り込んだ。具体的な道筋を示すべきだとの党内の声に配慮した形だ。

 修正案では、新たな国家安全保障戦略などの検討を加速するとした上で、「防衛力を5年以内に抜本的に強化する」と記した。「NATO(北大西洋条約機構)諸国は国防予算を対GDP(国内総生産)比2%以上とする基準を満たすという誓約」に関する説明も本文に盛り込まれた。

 5月31日に公表された原案では、防衛力強化の期限が示されず、NATOに関する記述も本文ではなく、注釈に記されていた。

 防衛費をめぐっては、自民は…

この記事は有料会員記事です。残り332文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年6月4日7時52分 投稿
    【視点】

    反対です。岸田首相はこの年末、国家安全保障戦略を9年ぶりに改定する考えを示しています。防衛力強化に向けた議論が政府内で始まっていますが、国民に明かされていません。公にできないほど防衛力強化の方針が固まっていないなら、何を根拠に新たな国家安保