東芝の取締役案めぐり経営陣内に対立 「物言う株主」選任に反対論も

有料記事

伊沢健司、土居新平、村上晃一、鷲田智憲
[PR]

 東芝が今月28日の定時株主総会に諮る取締役候補の人選をめぐり、経営陣に意見の食い違いがあることが表面化した。背景には、東芝の経営に影響力を持つ「物言う株主」との距離感がありそうだ。株主総会でも争点のひとつになるのは避けられそうにない。

 非上場化などを検討する特別委員会の委員長で、社外取締役のジェリー・ブラック氏が3日、報道各社の取材で明らかにした。

 東芝が株主総会に提案した取締役候補13人の中には、新任候補として「物言う株主」とされる海外投資ファンドの幹部2人が名を連ねている。

 ブラック氏によると、社外取…

この記事は有料記事です。残り1629文字有料会員になると続きをお読みいただけます。