0歳の長男を亡くした交通事故 勾留中の父、法廷には車いすの女の子

有料記事

安井健悟
[PR]

 こぢんまりとした法廷に、車いすに乗った女の子が入ってきた。幼い女の子がもう一人。そして、若い女性。女の子たちの母親だろうか。39席ある傍聴席の最前列に、順番に座った。

 大阪簡裁で3日午前、ある事件の「勾留理由開示」があった。刑事訴訟法に定められた手続きで、勾留されている容疑者が裁判官に対し、その理由の説明を求めることができる。

 容疑者の男が法廷に連れられてきた。上下黒色のジャージー姿。まぶたは腫れ、両目が充血しているように見えた。弁護人の前のいすに座ってからも、女性と女の子たちから、視線をずっと離さなかった。

 手続きが始まった。裁判官が…

この記事は有料記事です。残り1061文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。