カエル寺 シャボン玉舞う 風鈴まつり 6月6日はカエル記念日

有料記事

金子淳
[PR]

 カエル寺として知られる福岡県小郡市の如意輪寺で、「風鈴まつり」が始まり、約4千個の風鈴が涼しげな音色を奏でている。

 如意輪寺の原口元秀(げんしゅう)住職(73)は「寺を楽しい場所にし、多くの人に来てもらいたい」と、カエルの置物を集め始め、今年で30年。境内や本堂横の「カエル部屋」には大小様々なカエルが1万体以上ある。鳴き声の「ケロケロ」から、6月6日は「カエル記念日」とされ、「カエルまつり」が開催される。

 風鈴は15年前から境内の階…

この記事は有料記事です。残り253文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。