国宝・鑑真和上坐像、御影堂に戻る 唐招提寺、修理終わり法要

有料会員記事

米田千佐子
[PR]

 奈良時代、苦難を乗り越えて唐から来日した僧侶鑑真の開いた世界遺産唐招提寺奈良市)で5日、国宝の鑑真和上坐像(ざぞう)を安置する御影(みえい)堂(重要文化財、奈良時代)の修理完了を祝う法要が営まれた。

 鑑真は5回の航海に失敗し、失明しながらも唐から日本に渡った。最初は東大寺(奈良市)で、その後は唐招提寺で、仏教の経典や教義、戒律を広めた。8世紀につくられたとされる鑑真和上坐像は、日本最古の肖像彫刻ともされる。御影堂の工事に伴い、鑑真の命日の「開山忌」に合わせて境内の新宝蔵で公開されるなど一時的に離れていた。

 御影堂は、もとは興福寺の別当坊の一つで皇族らが入門した門跡寺院「一乗院」の建物。現存する建物は江戸時代の1649年に建てられ、平安時代の代表的な建築様式「寝殿造り」の趣を残す。

 県庁や裁判所を経て、196…

この記事は有料会員記事です。残り347文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら