独自

小惑星探査機「はやぶさ2」が持ち帰った砂から20種以上のアミノ酸

有料会員記事

小川詩織
[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機はやぶさ2」が地球に持ち帰った小惑星「リュウグウ」の砂から、アミノ酸が20種類以上見つかったことが関係者への取材でわかった。アミノ酸はたんぱく質の材料。生命のもととなる物質が宇宙由来である可能性を後押しする結果となりそうだ。

 リュウグウの砂が入ったはやぶさ2のカプセルが豪州に帰還したのは2020年12月。内部には約5・4グラムの砂や石が入っていた。JAXAの研究チームは昨年6月、世界各国の研究機関に砂を配り、本格的な分析を始めると発表していた。初期分析の段階で、すでに炭素や窒素といった有機物を構成する物質が含まれていることは分かっており、たんぱく質の材料になるアミノ酸があるかどうかが注目されていた。

 ヒトの体内のたんぱく質を形作るアミノ酸は20種類。関係者によるとそのうち、体内でつくることのできないイソロイシンやバリンなどを確認。コラーゲンの材料になるグリシンのほか、うまみ成分として知られるグルタミン酸もあったという。

 こうしたアミノ酸はもともと…

この記事は有料会員記事です。残り598文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    東山正宜
    (朝日新聞デジタル機動報道部次長)
    2022年6月6日9時40分 投稿

    【解説】はやぶさ2が持ち帰った小惑星リュウグウの砂から、アミノ酸が検出されたというニュースです。生命の材料が、地球だけに特別だったのではなく、宇宙の至る所に存在している可能性を示す成果で、人類の世界観を揺さぶる発見と言えそうです。 もちろん、

  • commentatorHeader
    長野智子
    (キャスター・ジャーナリスト)
    2022年6月6日8時32分 投稿

    【視点】朝から興奮。これはすごい成果ですね。はやぶさ2の帰還から約2年。待ちに待った分析結果が報じられ始めました。「もしリュウグウのアミノ酸が(地球上の生物と)同じ左手型であれば、私たちのふるさとがリュウグウのような小惑星だった可能性がさらに高まる