ゼレンスキー氏、ザポリージャの最前線で兵士激励 避難民と対話も

有料会員記事ウクライナ情勢

ベルリン=野島淳
[PR]

 ウクライナの首都キーウ(キエフ)で5日、ロシア軍のミサイル攻撃で列車の車両工場が被害を受けたことを受け、ウクライナ国防省のマリャル次官は同日、「キーウは依然、ロシアの主要な標的で常に脅威にさらされている」と述べた。ニュースサイト「ウクライナ・プラウダ」などが報じた。

 この攻撃について、ロシア側は「戦車などを破壊した」と主張したが、ウクライナ側は「工場に戦車はなかった」としている。欧米からの支援物資を狙った攻撃の可能性がある。

 マリャル氏は欧米からの新た…

この記事は有料会員記事です。残り607文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら