自宅クローゼットから乳児の遺体 遺棄容疑で23歳女逮捕

土舘聡一
[PR]

 乳児の遺体を自宅のクローゼットに隠していたとして、警視庁は、アルバイトの女(23)=東京都日野市=を死体遺棄容疑で逮捕し、6日発表した。女は容疑を認めているといい、遺体は女が出産した男児だとみて同庁が調べている。

 日野署によると、男児はクローゼットにあったスーツケースに入れられていた。生後間もない乳児とみられ、女は「5月下旬に産んだ」と説明しているという。同署は男児の死因や女との血縁関係を詳しく調べている。

 女はマンションで両親と3人暮らし。5日正午過ぎ、女の母親が「娘のクローゼットから赤ちゃんの遺体が出てきた」と110番通報していた。母親は女の部屋の異臭に気づき、女の外出中に部屋に入って遺体を見つけたという。(土舘聡一)