不発弾処理でJR京都線など運行停止へ 大阪・吹田で7月24日

瀬戸口和秀
[PR]

 大阪府吹田市は6日、同市南吹田3丁目の工事現場で4月下旬に見つかった不発弾について、7月24日正午から撤去作業に着手すると発表した。現場の半径約300メートルを警戒区域とするが、JR京都線やおおさか東線などが区域内を通る。後藤圭二市長は「作業中、JRの電車は止まることになる」と述べた。

 不発弾はJR南吹田駅の南西約350メートルにあるマンションの新築工事現場で4月27日、工事関係者が掘削作業中に見つけた。陸上自衛隊太平洋戦争中に投下されたとみられる米国製の1トン爆弾と確認。長さ180センチ、直径60センチで、信管が残っていたため、陸自が保護キャップをかぶせるなどの安全措置を講じた。

 市によると、撤去作業は7月24日の正午から夕方までを予定。午前10時から半径約300メートル以内に住む約950世帯約2千人に避難を求める。

 JR西日本近畿統括本部の広報担当者は「運転を見合わせる詳しい時間帯や区間は検討中で、決まり次第発表する」と話している。(瀬戸口和秀)