ヤクルトベンチではやる「謎のポーズ」 生みの親、塩見泰隆を直撃

有料会員記事東京ヤクルトスワローズ

藤田絢子
[PR]

 ここ最近、東京ヤクルトスワローズベンチで謎のポーズがはやっている。

 誰かが本塁打を打つ度に、ベンチで選手やコーチが一斉に親指、人さし指、中指で指鉄砲のような形を作り、エアハイタッチをする。

 誰が始めたのか、どんな意味があるのだろうか。

 主将の山田哲人は言った。「たぶん(始めたのは)塩見じゃないですかね」

 由来については、よくわからないという。

 こういうときは発案者に聞くのが早い。塩見泰隆本人を直撃した。

 「そんな特に意味はないんで…

この記事は有料会員記事です。残り614文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら