東芝の綿引社外取締役 「物言う株主」の幹部入りに異例の反対表明

有料会員記事

村上晃一、伊沢健司
[PR]

 東芝が定時株主総会に提案する取締役の人事案をめぐり、経営陣の溝が深まっている。「物言う株主」とされる海外投資ファンドの幹部2人が入ることについて、社外取締役の綿引万里子氏(元名古屋高裁長官)は6日夜に報道陣の取材に応じ、反対を表明した。

 綿引氏は「今回の提案は取締役会構成の多様性、公平性、バランスの良さを欠いていると判断せざるを得なかった」と述べた。会社側の人事案に取締役が反対を明言するのは異例だ。

 28日にある株主総会では取締役候補13人の選任が議題となる。新任の候補には「物言う株主」とされるファンドの幹部2人が含まれる。この日公表された株主招集通知でも、綿引氏が2人の人事案に反対していることが記された。

 綿引氏は6日夜に急きょ取材…

この記事は有料会員記事です。残り1276文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら