夫の不倫ですさんだ心 見ず知らずのおばあさんの言葉で前を向けた日

有料記事

若松真平
[PR]

 5月28日、凛(りん)さんは生活用品店でルームウェアを選んでいた。

 会社員として働きながら、未就学の男女2人の子どもを育てている。

 夫の不倫が原因で、双方が弁護士を立てて離婚協議中だった。

 1歩進んで2歩下がるような状況が2年ほど続いており、夏前には離婚を成立させたいと思っていた。

 どのルームウェアにするか悩んでいたら、70歳くらいの女性から声をかけられた。

 「タグの字が小さくて……読んでくれませんか?」

 黒のワンピース姿で、靴とバッグは花柄模様。

 統一感のあるおしゃれな雰囲気で、歌手の中尾ミエさんのようだった。夫へのプレゼントを探しているという。

 凛さんがアドバイスすることになった。

 「もうすぐ夏だから、こっちの生地が肌触りがいいかも」「こっちの色が涼しく見えそうですね」

 そんなやりとりをしながら、一緒にあれこれ手に取った。

 女性が選んだのは、ワッフル生地と、インド綿のハーフパンツ2着。

 インド綿の方は、凛さんが勧めたものだった。

 商品を手にレジに向かう途中、女性が、手にしていたショッピングバッグを差し出してきた。

 「本当にうれしいの。どうか受け取って」

 バッグの中に入っていたのは…

この記事は有料記事です。残り1390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!